働き続けたい女性を応援するWelwoman

コラム

「ながら生活」していませんか?

2019年11月13日|カテゴリ:

「ながら生活」をしていませんか?

こんにちは。Welwoman運営の山本千香子です。
時々、授業や研修、講演の時、その場で、ご自身のスマホから
感想やご意見を入力いただいくことがあります。

私が担当している大学の大学生は、
スマホの入力がとても早く、あっという間に
グループで出た意見を入力し、送信しています。
(入力した意見は、その場ですぐにスライドに投影して
全グループで出た意見を全員でシェアできるので、
とても便利なんです。)

学生さんも
“手書きで書くよりスマホで入力した方が早い”
“すぐに全グループの意見が見れてうれしい”
ととても好評です。

ただ、このシステムを導入した最初の頃は、
話す時間、と、入力する時間を区別していなかったため、
話しをしながら入力していて、肝心なディスカッションに
上の空といった様子もありました。

それから、ディスカッションする時間と
入力する時間を別に設けることで、
目の前のメンバーとの会話に
集中することができています。

私自身も、目の前のことに意識を向けるべきタイミングなのに
ついつい「うわの空」状態でほかのことを考えていることもありまして。
「ながら生活」に注意しなければいけないな、と思いました。

目の前のことに意識が集中できていない状態ですと、
ミスや見落としが増えて「やり直し」が発生し
ますます忙しさに振り回されてしまう。。。
といった悪循環に陥りがちになります。

あなたは、「ながら生活」していませんか?

welwoman運営 山本 千香子