働き続けたい女性を応援するWelwoman

コラム

「私なんて…」は、「詐欺師症候群」かもしれません!

2017年11月15日|カテゴリ:

あなたは、ご自身が出した成果を
しっかりと受け入れられていますか?

「いえいえ、私なんて…たまたまです…」

なんて言って受け取れていないことありませんか?
謙虚さとは、少し違います。

「私は、そんなに褒められる資格はない…」
「私は、○○も出来ないし、そんなにいい人ではない…」
などと思ったりしませんか?

私は、当てはまる場面がよくあります。
仕事の成果を認めてもらいたい…半面、
褒められると
「いえいえ、皆さんの努力です」
などと言ってしまいます。

それは、事実でもありますが
自分の仕事の効果でもあるはずです。

それを受け取れず…自分自身で過小評価してしまう。

実は、これ女性に多い
「詐欺師症候群」の可能性があるようです。

病気ではないようですが、
1978年臨床心理士によってつけられた用語だそうです。

最近、女優のエマ・ワトソンが「詐欺師症候群」であると
告白したことで少しずつ世間に知られるようになったと
言われています。

先日の若手女性の講座でも
「自分に自信がない…」
という発言が多くの女性達から聞かれました。

自信がない…が自分を認められない。
自分には、そんなに価値がない…と思い
チャレンジしなくなる。
それが社内での女性の活躍を邪魔するようになる。

この詐欺師症候群は、先にも書いたように
病気ではありません。
ですから薬もありません。

対処法は、まず「詐欺師症候群」というものが
あるということを知る事だそうです。
自分自身も。
上司や周囲の人も。

そうすることで
「誰にでもあること」
と気持ちを楽にすることが大切なようです。

私自身も「詐欺師症候群」という存在を知っただけで
「私だけじゃない」と思い、気が楽になりました。

そして、今の自分をしっかりと受け止め、
認めることをしていきたいですね。