働き続けたい女性を応援するWelwoman

コラム

よりいい一年にするための「ちょっとしたコツ」とは?

2018年01月10日|カテゴリ:

2018年も welwoman をどうぞよろしくお願いいたします。

新しい年を迎えて、早いもので10日が過ぎました。
みなさま、いかがお過ごしですか?

「実はまだまだ、お正月気分が抜けなくて・・・」
なんて方も多いかもしれないですね(笑)。

今日は、新しい一年をより素晴らしいものにするための
「ちょっとしたコツ」をお伝えしようと思います。

子どもから大人まで誰でも簡単にできる「ちょっとしたコツ」です。
子どもはこれができている子が多いですね。
一方で、これができている大人は少ないかもしれません。

昨年末から講座の様子を一眼レフのカメラ
(山梨さんのものをお借りしてですが・・・)
で撮影することが増えてきました。

普段もスマホのカメラを使って、撮影することも多かったのですが、
カメラを使うようになって、自分でも驚いたことがありました。
それは、「人の顔をよく見るようになった。」
ということなんです。

今まで何度も会って、何度もその人の顔を見たはずなのに、
撮影して改めて気が付いたことが多くあります。

・この人、笑うとえくぼができるんだなぁ、
・右から見ると元気なイメージだなぁ、
・目の下に涙のようなほくろがあるんだなぁ、
・福耳だな、
・・・etc

きちんと見ているつもりでも、意外に人の顔をちゃんと
見ていなかったんだなぁ・・・ということを実感しました。

人の顔それぞれに特徴があり、
そして、それぞれにステキな魅力があるのだなぁ、と。

その人の魅力が分かると、その人のことがもっと好きになります。
好きになると、その人のことをもっとよく見るようになります。
・・・つまり、どんどん好きになっていくわけです^^。

しかも、不思議なもので
こちらが好意的に接すると、相手も好意的に接してくれるようになります。
その人と一緒にいる時間が、とても楽しいものになりますね。

カメラを使うようになってから、カメラを持っていない時でも
人をよくよく見るようになりました。

そして、いわゆる恋愛感情とは違いますが、周りに大好きな人が
いっぱい増えました。

大好きな人に囲まれているというのは、本当にありがたいことですし、
とっても幸せなことですね。

2018年、今年一年を輝かせ、よりいい一年にするための
「ちょっとしたコツ」としてぜひお伝えしたいのが、
「人をよく見る」ということです。

私たちは、きちんと人を見ているつもりで、実は何となくしか
見ていないことって案外多いのではないでしょうか?

もしそうだとしたら、ぜひ「人をよく見て」みてください。
そして目の前の人の魅力を、たくさんみつけてください。

きっと今まで以上に大好きな人に囲まれた、素晴らしい一年に
なると思います。・・・よかったら試してみてくださいね。

文:ウェルウーマン 山本 千香子