働き続けたい女性を応援するWelwoman

コラム

あなたの口癖は?勇気づけのS語を使おう!

2018年03月14日|カテゴリ:

先日、個別相談が終わり、挨拶をして帰られるクライエントさんに
「山本さんは、D語が少なくて、S語が多いですね。いつも勇気づけられます!」
と言われました。
あなたは、D語の口癖はありませんか?

こんにちは。welwomanの山本千香子です。
冒頭の「D語」とは、
・だって
・時間がない(ぢかんがない)
・ズルい(づるい)
・でも
・どうせ
というダ行の言葉です。

「だって」・・・言い訳
「時間がない」・・・そのことには自分の時間を割きたくない
「ズルい」・・・ひがみ
「でも」・・・相手を否定
「どうせ」・・・あきらめ

日常の中で、この言葉が多い人は
上手く行かないことが多いんじゃないかな。と思います。
日常生活の中で、「D語のダメな人の口癖」を周りに振りまいてはいないでしょうか?

「S語は勇気づけられますね」と言われて、なるほど!と思いました。
・さて・・・気持ちの切り替えを促す
・心配ない・・・不安を軽減する
・素晴らしい・・・自信をもたせる
・せっかくだから・・・背中を押す
・そうだね・・・受け入れる
という「サ行の勇気づけ」の言葉です。

これをお読みのみなさんの中にも、誰かから相談を
受ける立場の方も多いと思います。

あるいは、自分が不安に囚われてしまうこともあるでしょう。

そんな時に、よかったら「S語の勇気づけ」の言葉を
使ってみて下さい。

今日は、ぐっと気温が上がりました。
季節の変わり目は、自律神経が乱れ体調を崩しやすい時期でもあります。
夫婦喧嘩や交通事故にもお気をつけくださいね。

welwoman 山本 千香子