働き続けたい女性を応援するWelwoman

コラム

女性の行動を促す方法

2018年03月21日|カテゴリ:

先週末は、ご案内していた
ワークライフバランスセミナーを開催しました。
Welwoman(ウェルウーマン)の山梨嘉代子です。

いつもの私のセミナーでは、
ワークやディスカッションが多いです。

あまりパワーポイントを使って説明…という感じでは
ありません。
聞くセミナーになれている人は、ビックリします。
中には、イヤがる人も…(^-^;

ところが今回のワークライフバランスセミナーでは
大量の資料データを使い、伝えることが多かったです。

 

途中で何度もお茶を飲みました。

内心、「ワークやりたいよ~」と思い

ながら
一生懸命しゃべっていました。

体験させて感じさせ、気づきを促すセミナーばかり
やっているのでずっとしゃべっていると
「つまらなくない?」
「心に響くの?」
「やる気になる?」
「沈黙が怖いよ~」
と不安になります。

今回のセミナーもところどころシェアを入れたり
していますが普段の私からするとすごく少ない。

自分で作っておきながらなんですが
「本当に皆満足してくれるの?」
と思っていました。

ところが終了してみると皆さん、大満足。
なぜなら
「数字で言われると納得するよね」
「そんなデータがあるならもう、やるしかないよね」
って言われるんです。

それまで
「ライフ?何したらいいの?そんなこと考えられない」
と言っていたのに
「人生100年時代、まだ寿命は30年以上あるんです」
って数字がでたら、残りをどう楽しく生きるか考える
覚悟ができたようなんです。

女性って感情が大事ですよね。
だから数字とか好きじゃないと思っていなんです。
でも何となく…〇〇だっと思っていたことが
数字で表されるとどうやら後押しになるみたいです。

感情を動かすのに熱弁も大事だけど
しっかりとデータで根拠をしめすことも
女性の心を動かすことに大事だったんですね。

そう言えば、ダイエット広告でも
「〇〇人の方が愛用」とか
「購入者の〇〇%にマイナス〇〇cmの変化」
などの言葉に弱いですからね。

女性の行動を動かすのは、
感情+数字(データ)で納得をつくると上手くいくようです。