働き続けたい女性を応援するWelwoman

コラム

ストレスなく意見が言える会議を実現する秘訣!

2018年07月05日|カテゴリ:

「こんなこと言ったらどう思われるかなぁ」
会議で意見を言うのに躊躇したことはありませんか?

私は、もちろんこれまでにそんな経験を何回もしてきました。
welwoman(ウェルウーマン)運営の山梨嘉代子です。

しかし、先日の6名のメンバーで行ったミーティングでは一切
「こんなこと言ったらどう思われるかなぁ」
という思いは、なかったのです。

お互いの考えをドンドンぶつけていきます。
当然その中には、Aさんと反対の意見をBさんが言うこともあります。
さらにAさんともBさんとも違う意見を言うCさんもいます。

それなのにミーティングの雰囲気は、悪くなることはなく、
逆にドンドン盛り上がっていくのです。
素晴らしいと思いませんか?

なぜこのようなことが出来るのか?
それは…
メンバーの中で共有されているあるキーワードによって実現されているのです。

 

私たちは、意見を出すときどんな反対意見でも
「なるほどね。あなたはそう考えるのね」
という受け止めができ、

さらに
意見は、どんな反対意見でも「アイディアを出しているだけ」という
キーワードが浸透した中で話し合われているのです。

だから躊躇せず、意見が言え、アイディアが溢れてくるのです。
結果、多角的なアイディアで最高のものがつくれたとメンバーが感じることが出来るのです。

「否定ではなく、アイディアを出す」
どんなアイディアも
「なるほどね」といったん受け止める。(受け入れるではないですよ)

こんな場が作れたら会議での意見も活発になるはず。
しかし、一人でこれをやるのは、ちょっと辛いですよね。
ますは、メンバーと「どんな会議にしたい?」と話し合えるといいですよね。

アイディア溢れ、ストレスのない会議は、必ず実現できます。
是非、一歩踏み出してみてください。