働き続けたい女性を応援するWelwoman

コラム

幸せ度UPの方法⑤「いい気持ちを増やす~成果が出ているチームの感情の黄金比は?~」

2018年10月03日|カテゴリ:

幸せ度をUPするには、
いい気持ち(ポジティブ)といやな気持(ネガティブ)のバランスが重要です。
成果が出ているチームのいい気持ちと嫌な気持ちの比率は何対何くらいだと思いますか?

いい気持ち    いやな気持ち
(ポジティブ) : (ネガティブ)

●好業績チームの感情比     ?   :   ?

こんにちは。welwoman運営の山本千香子です。
みなさまはどんな秋を楽しんでいますか?

さて、幸せ度UPの方法は、いい気持ち(ポジティブ)を増やすことが
ポイントでした。
今日はチーム、職場について考えていきたいと思います。
好業績チームと低業績チームはどんな違いがあるのでしょうか。
あなたは、何:何だと思いましたか?

低業績チーム、中業績チーム、高業績チームで
肯定的・否定的言語の比率を調査した研究結果(Losada&Heaphy,2004)から
・高業績チームはポジティブな言葉の比率が高かった
・低業績チームはネガティブな言葉を3倍多く使用していた
などがわかってきました。

結果は、いい気持ち(ポジティブ感情)6:1いやな気持ち(ネガティブ感情)!
高業績チームは、低業績チームと比べて5.6倍いい気持ち(ポジティブ)の言葉を
使っていたのです。

これまで、幸せ度の高い個人、夫婦、チームの感情の黄金比を
一緒に確認してきました。
どの黄金比にも、いやな気もち(ネガティブ)が”1”あるということ。
いやな気もちをなくすことはできませんが、
いい気もちを増やしていくことはできそうですね。

この秋は、いい気持ちを増やして、幸せな秋にしていきましょう!

文:welwoman運営 山本 千香子