働き続けたい女性を応援するWelwoman

コラム

女性特有の接し方

2018年10月24日|カテゴリ:

アラフォーになると女性部下ができたり、後輩を指導する機会も増えてくるのではないでしょうか。
そんな時、気をつけたいのが女性特有の性質への関わり方です。

先日、
「女性部下のもめ事を悪化させてしまいました…」
そんな悩みを男性上司に打ち明けられました。

聞くとある問題が発生して「言った言わない」と二人で言い争うようなことが起こりました。
そこで上司は、一人ずつ話を聞いていきました。
さらに二人に許可を得て三人で話をすることとなったそうです。
その場は、二人とも納得し、上司も丸く収まったと胸をなでおろしていました。

ここまでの対応は、私も悪くないと思って聞いていました。

しかしその後、
一人が「会社を辞めたい!」と言ってきたそうです。
どうやら本当は、納得なんて出来ていなかったようなんです。
想定外の話に上司は、自分の対応が悪かったのではないかと心を痛めていました。

 

そこで
私「平等に話を聞きました?」
上司「イヤ…6対4だったかもしれません…」
私「4の方が辞めたいと?」
上司「はい」
私「…」

問題をこじらせてしまったのは、ここでした。

話を3人で行うまでは良かったのです。
が「平等に聞けていない」ことが問題だったのです。
どちらがいいか、悪いかわからない状況では、平等に話を聞いていくことが大事です。
どちらか一方に肩入れするともう一方が
「私は、わかってもらえない」となり
「必要とされていない」となってしまうのです。

女性たちの話を聞くときは平等に共感することが大事なのです。

今回は、男性上司の話でしたが女性上司も同様です。
日頃から女性部下、後輩には平等に接することを心がけてみてください。