働き続けたい女性を応援するWelwoman

コラム

サポーターはだれですか?

2018年10月31日|カテゴリ:

あなたのサポーターはだれですか?
お子さんのサポーターはだれですか?

こんにちは。今日はハロウィーンですね。
お菓子と一緒にうるおいもほしい山本です。

先月、ある小学生が「おうちで話す人がいない・・・」
とさみしそうに話していました。
お母さんも、お兄ちゃんもおうちにはいるんだけど、
それぞれスマホや家事で話を聴いてもらえないとのこと。
心配していたので、今月になって、その子に様子を聞いてみたら、
「お話する人ができたんだ!」とうれしそうに話すので、
相手はだれかと聞いてみたら、「オッケーグーグル!」と。

何か困ったことがあったとき、
相談できる人、応援してくれる人は5人いるのが理想的と言われています。
あなたのサポーター、応援団はだれですか?
お子さんのサポーター、応援団はだれでしょうか?

サポーターとの間で質の高いつながりがあれば、
困ったときに支えとなってくれるだけでなく、気持ちの落ち込みからも
早く立ち直ることができます。

お子さんにとっての一番のサポーターはやはりパパ、ママだと思います。
最近は、同じ部屋で子ども同士で遊んでいても、
ゲームを通じてつながっていて、お互い顔を見ない、隣にいながら
リアルなつながりを持てない子たちも増えています。

職場でも、何かあるとメールを送りがちで、直接話さない、なんてこと
ありませんか?

人と人との関係性はレジリエンス(心の回復力)の基盤となり、
幸せの源泉にもなるもの。

自分やお子さんのサポーターはだれでしょうか。
困ったら相談できる、応援してくれる、いいつながりが
持てているでしょうか。考えてみませんか?

welwoman運営 山本 千香子