働き続けたい女性を応援するWelwoman

コラム

人の振り見て我が振り直せ

2019年07月17日|カテゴリ:

失敗をすると
「でも…」
「だって…」
なんて言い訳をしてしまう人いませんか?

20代の営業の仕事をしていた時、私もそんな言い訳をしてしまいました。
私の直接の失敗ではなかったのですが、社内のミスは、間違いないこと。
それを素直に謝れず、自分を正当化しようといろいろな言い訳を並べてしまいました。
どうにかお客様に怒られないようにと必死でした。

当然、お客様には、見透かされ怒られました。
これまでで一番怒られたと思います。

あれから、何十年も立ちました。
おかげで今は、謝れる自分がいます。
言い訳をしてもいいことがないことを学びました。

先日、失敗を素直に謝れないでいる年配の方を見かけました。
若い方なら「しかたないなぁ…」の気持ちも生まれますが
50代になると残念な気持ちです。
どんなに仕事ができていてもいざという時に謝れないのは残念です。

キャリアを積み、数々の仕事ができるようになっても人としての成長がないですよね。
仕事をするとは、スキルだけでなく人間力も磨かれていくものだと思っています。
仕事でない場面や将来仕事を離れた時に
「私」という存在が魅力的になっていることも仕事をする私の楽しみです。

 

「人の振り見て我が振り直せ」
人間力を磨いていきたいです。

文:Welwomen(ウェルウーマン)山梨嘉代子