働き続けたい女性を応援するWelwoman

コラム

自分の心の状態にジャッジはいらない。

2019年10月30日|カテゴリ:

例えば、
「何ごともポジティブに考えた方がいいよ~」
そんなことを人に言われ、
「そうだそうだ」ポジティブに考えていこう!

と思ったことはありませんか?

「ポジティブ」ということだけではなく「〇〇の方がいいよ~」なんて言われることありますよね。
笑顔の方がいい
自分の意見は、言った方がいい…などです。

その通りだと思って心がけていいくと上手くできない時がある。
つい、ネガティブになってしまう。

また、ネガティブの人を見かけると
「あの人、なんでネガティブなんだろう?ポジティブの方がいいのに…」
と相手の態度が気になってしまう。

そのうち、気がつくとネガティブな自分に
「どうして私は、ネガティブなの?私ってダメじゃん!」と思う。

「人は、ポジティブであるべき」と思ってしまう。

「〇〇べき」とべき論が頭の中で繰り返されて「べき」に縛られる。
そうするとポジティブであるか、ネガティブであるかの問題ではなく
どちらか一方の意見に偏り、自分を責めてしまう。

先日、ある人が言っていました。
「気がついていればいい」

 

ポジティブであるか、ネガティブであるか。
笑顔があるか、渋い顔か。
自分の意見を言えているか、言えていないか。

ただそれに気がついていればいいと。

ネガティブだからダメだ…と思うと苦しくなる。
べきに縛られず、ただ自分の状態に気がついていればいい。

少し、ホッとした。自分の心の状態にジャッジは、いらない。

文:Welwomen(ウェルウーマン)山梨嘉代子