働き続けたい女性を応援するWelwoman

コラム

「がんばってみて」では動けない

2019年12月04日|カテゴリ:

部下、後輩に仕事を教えることも多い40代。
上手く仕事を教えられていますか?
やる気を引き出せていますか?

先日、20代の女性から先輩に仕事を教えてもらえないと悩んでいました。

ある時、仕事がいっぱいいっぱいになって、勇気を出して上司に
「仕事がいっぱいいっぱいで終わりません」
と相談したそうです。

しかし、上司は
「とにかく調整してがんばってみて」
と言ったきり何の具体的なアドバスもしてくれなかったそうです。

彼女は、本当にがっかりしたと話します。

そして、もっと具体的な行動のアドバイスが欲しかったと言います。
結局、最後まで自分でやりくりしてやりきることは出来たそうですが
本当に苦しかったそうです。

 

 

確かに自分でやりきることで達成感を味わうことは、できたそうですが、
「助けてもらえなかった」
の想いは、残っているようです。

20代の女性が欲しかったのは、具体的なアドバイス。
40代になると「考えること」の重要性を痛いほど感じることでしょう。
そうすると自分で考えて欲しい、解決し欲しいとの気持ちも強まります。

そんな気持ちを大切にしながらも部下が具体的に行動できるようなアドバイスも大切です。
是非、部下が行動できているか?
チェックしながらアドバイスしてみてください。

教え方は、人に合わせて工夫することが大事です。

文:Welwomen(ウェルウーマン)山梨嘉代子